毎日ウォーキングしたら切迫流産になった話〜私の失敗談

切迫流産

私、メメは妊娠5ヶ月の安定期に入ってから毎日1時間ウォーキングをしてました。

その結果、6ヶ月健診で即日入院となりました(泣)

診断は切迫流産

診断は切迫流産でした。
症状としてはお腹の赤ちゃんは元気だけど、流産する一歩手前な感じ。

私の場合はお腹が張って、子宮頸管長が25mmだったから即入院してくださいって言われた。
子宮頸管長は40mmは欲しいって先生に言われました。

妊娠22週未満は切迫流産、22週以降は切迫早産と呼び方が変わります。

22週になった時、看護師さんに「乗り切りましたね!」と言われて
22週(妊娠6ヶ月と2週間)が大きな節目だと初めて知りました。

切迫流産は防げたのか?

実は切迫流産の原因って、わかってないそうです。

切迫流産と診断された日、まず最初に「どれくらい安静にしてた?」って先生に聞かれました。

毎日ウォーキングしてましたって言ったら

「あー…」って反応だった。

この人、やっちゃったなって、先生の表情が言ってました。

先生の反応を見て、妊娠5ヶ月は安定期だけど、安定期とはいえ安静第一なんだと思った汗
原因がわからないから、予防する術がわからないから、なおさら「安静」が大事です。

当時の私の活動量はこんな感じでした。
・毎日1時間ウォーキング。
・週に1、2回電車でお出かけ(昼・夜問わず)

基本家にいる生活なので、お勤めの人と比べたら全然動いてないのですが、それでも切迫流産になってしまいました。

お腹の固さに注意

今考えれば、切迫流産の前兆はありました。

それはお腹の張りです。
ウォーキングを開始して2週間後、お腹が固くなっている事に気づきました。
パンパンに張ってました。

でも、異常だと思いませんでした。
妊娠5ヶ月以降はどんどんお腹が大きくなるって言うからこんなもんでしょ、と。
赤ちゃんが成長している証拠とさえ思っていました。

切迫流産になった私の失敗

私の失敗は安定期に入ったから軽い運動だったら大丈夫と思って先生に相談しなかったこと。

5ヶ月健診の時、先生がスピーディーな感じの人だったから聞きそびれてしまったことです。
聞かなかったことが全ての始まりだと思う。
ウォーキングの相談をしてたら頻度とか時間とか、アドバイスをもらえたと思います。

先生がどんなに忙しくしてても、確認することは健診で全部聞かないと入院までいっちゃうことがあります。
これぐらいならいいかも、と自己判断は危険です。

しかも体重管理のためにウォーキングしてたのに増えるばかりで、精神的に辛かった。
身体にムチ打ってただけという結果に…しかも入院したらすぐ体重が落ちた。

まとめ

ネットに体重管理の方法も経験談もたくさん載ってるから、自分も出来る気になるけど、
どんなにお手軽で軽い運動でもまずは先生に相談しましょう!
元からやってた運動を再開する場合も相談!先生が忙しくしてても絶対相談!

コメント

タイトルとURLをコピーしました