切迫早産で美容院に行けない時の対処法

切迫流産

切迫早産で入院中だけど、カットしたい。 自宅安静になったら美容院行きたい。

でも、美容院で破水したり陣痛来ちゃったらどうしよう。。。

美容院行くのは不安でためらうけど、 何とかならない?私の髪の毛。

切迫早産だけど出産前に美容院へ行きたい人、
出産後までなんとかごまかしたい人のために対処法をお伝えします。

ちなみに私の髪のスペックは↓こんな感じなので、
似たような髪質の人には特に参考になると思います。

髪量:多い 髪質:硬い 太さ:太い 強いクセとうねりあり
ケアをしないと触った感じバキバキの髪の毛。暴風の時は自分の毛先が顔に刺さりそうなぐらい硬いです。

訪問美容師(出張美容師)を病室or自宅に呼ぶ

訪問美容師の腕の良さを別記事で語りましたが、
自宅だけでなく、病院に呼ぶこともできます。
相部屋の病室でもカットしてもらえます。

予約を取る前に訪問美容師を呼んでもいいか看護師さんに相談しましょう。
空いてる部屋を使わせてくれる病院もあります。

病院でカットできたら、万が一の時も安心ですね。

自宅に美容師さんを呼んだ時の体験談はこちら
出張美容師体験@自宅

ドライヤーをアップグレードする

病院で使ったパナソニックのドライヤー、時短になるし、髪は痛まないしで、
退院後速攻買いました笑

今まで3,000円ぐらいのドライヤーしか使ってなかったので、
20,000円近いお値段にビックリしましたが、仕上がりの早さとクオリティーが全然違います。
カットしてない毛量爆発のロングヘアーでも10分あれば乾きます。

プチプラ(?)ドライヤーを使ってる人には確実に神アイテムです。

アウトバストリートメントを導入する

洗い流さないトリートメントでうねり、ボリュームをおさえましょう。
LILAYが全身に使えておすすめ。産後のボディーマッサージにも使えます。
香りはありますが、きつくないので病院でも使えます。
トライアル用の小さいサイズもあるので、出産する時の再入院の持ち物にぴったり。

まとめ

一番のおすすめは訪問美容師さんを呼んでカットしてもらうことです。
それが難しい場合はドライヤーのアップグレードとアウトバストリートメントで乗り切りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました